20代の3割以上が一人カラオケの経験あり? カラオケに関する調査結果

2015年10月17日

スマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」では、スマートアンサーのユーザー22,001人を対象に、カラオケに行く頻度、一人カラオケの経験率、どんなジャンルや年代の歌を歌うのかなど、カラオケに関するアンケートを実施しました。

年に1回以上カラオケに行く割合が5割を超えるのは10代、20代のみ

まず、カラオケに行く頻度について聞いたところ、年に1回以上カラオケに行くと答えた割合が5割を超えた年代は、男女ともに10代と20代のみという結果が得られました。特に、女性20代と女性30代の差は激しく、女性20代は64.3%が年に1回以上カラオケに行くが、女性30代では41.0%しか行かないということがわかりました。

また、月に1回以上行くユーザーに焦点を当ててみると、男女ともに10代が最も多く、男性では14.1%、女性では16.8%が月に1回以上カラオケに行くと答えました。

20代女性の3人に1人が一人カラオケの経験あり

次に、今までに一人でカラオケに行ったことがあるかどうか聞いたところ、20代男性では29.2%、20代女性では35.2%のユーザーが一人でカラオケに行ったことがあると答えました。男女ともに20代の一人カラオケ経験率は高く、特に男性では2番目に多い年代である10代の18.7%から10%以上高い値になっていることがわかります

一人でカラオケに行ったことがありますか?
10代女性の5割近くのユーザーはボーカロイド曲を歌う?

続いて、カラオケに行くことがあると答えた16,078人を対象に、どのようなジャンルの曲を歌うか聞いたところ(複数回答)、全世代においてJ-POPを歌うことがあると答えた割合が最も高いという結果が得られました。

また、アニソンを歌うことがあると答えたユーザーは10代、20代、および女性30代で5割を超えており、若い世代でアニソンが一般化していることが伺えます。同様に、声優が歌っている曲を歌うことがあると答えた割合が高いのも若い世代であり、男性では20代が最も高く23.9%、女性では10代が最も高く29.7%が声優が歌っている曲を歌うことがあると答えました。

その他のジャンルの結果としては、ボーカロイド曲を歌うと答えたユーザーは10代が突出して高く、女性10代では48.1%と5割近いユーザーがボーカロイド曲を歌うことがあると答えています。また、女性の全世代において女性アイドル曲を歌うことがあると答えた割合が5割を超えているという結果も得られました。

J-POPを歌うことがありますか?
アニソンを歌うことがありますか?
声優が歌っている曲を歌うことがありますか?
ボーカロイド曲を歌うことがありますか?
男性アイドルソングを歌うことがありますか?
女性アイドルソングを歌うことがありますか?
洋楽を歌うことがありますか?
演歌を歌うことがありますか?
どの年代の曲を歌う?

最後に、カラオケに行くことがあると答えたユーザーを対象に、どの年代の曲を歌うことがあるか聞いたところ(複数回答)、10代が歌うのは2010年代、20代が歌うのは2000年代、30代が歌うのは1990年代と、世代に応じて歌う曲の年代が徐々に移り変わっているという結果が得られました。これは、若い頃に聴いたり歌ったりしていた曲を、今でも歌うことが多いということを反映した結果であると言えます

どの年代の曲を歌いますか?

スマートフォンを使ったネットリサーチ、アンケート調査を驚きのスピードで

調査結果に関するお問い合わせ・調査のご依頼はこちら