コミケで興味のあるジャンル、10代男性のトップは「艦これ」 | コミケに関する調査結果

2015年12月10日

スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー23,104人を対象に、コミケに参加したことがあるか、コミケに参加する目的、コミケに参加する際の予算、次の冬コミに参加するかどうか、コミケで興味のあるジャンル・ブランドなど、コミケに関するアンケートを実施しました。

首都圏在住の20代は2割弱がコミケに行ったことがある?

まず、コミックマーケット(コミケ)について知っているかどうか聞いたところ、世代により多少の偏りはあるものの5割以上のユーザーがコミックマーケットを知っていると答えました。

次に、コミックマーケットに行ったことがあるかどうかについて聞いたところ、20代男性で11.4%、30代女性で12.6%と世代によっては行ったことがあると答えた割合が1割を超えています。また、コミックマーケットの開催地に近い1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に在住しているユーザーに限定すると、男性20代は18.4%、女性20代は17.6%がコミックマーケットに行ったことがあると答えました。

コミックマーケットを知っていますか?
コミックマーケットに行ったことがありますか?
コミックマーケットに行ったことがありますか? (1都3県限定)
コミケにサークルとして参加したことがあると答えた割合は22.8%に

次に、コミックマーケットに行ったことがあると答えたユーザーに対して、コミックマーケットにどのような立場で参加したことがあるかどうかを聞いたところ(複数回答可)、購買目的の一般参加が86.3%、コスプレイヤーとしての一般参加が13.9%、サークルとしての参加が22.8%、会場スタッフとしての参加が4.1%、企業ブーススタッフとしての参加が2.4%という結果になりました。

コミックマーケットにどのような立場で参加したことがありますか?
コミケに参加する目的は?

続いて、コミックマーケットに行ったことがあると答えたユーザーに対して、コミックマーケットに参加した目的について聞いたところ(複数回答可)、一番多かった回答が「同人誌の購入」で63.8%、2番目が「会場の雰囲気を味わう」で35.8%、3番目が「その他同人グッズの購入」で22.1%、4番目が「コスプレイヤーを見る」で21.9%、5番目が「企業ブースでアニメグッズなどを購入」で21.1%という結果になりました。

コミックマーケットに参加した目的は何ですか?
コミケ参加の予算は5,000円以下が最多に

次に、コミックマーケットに行ったことがあると答えたユーザーに対して、コミックマーケットで使う金額の予算は平均でいくらぐらいか聞いたところ、5,000円未満だという回答が33.4%と一番多く、お金は使わないと答えた割合も15.6%に達しました。これは、コミックマーケットに参加した理由が「コスプレイヤーを見る」や、「会場の雰囲気を味合う」、「スタッフとして参加」などで買い物を目的としていないユーザーもある程度いるためであると考えられます。

コミックマーケットで使う金額の予算は平均でいくらぐらいですか?
次の冬コミの参加予定は?

続いて、コミックマーケットを知っていると答えたユーザーに対して、2015年12月29日(火)〜31日(木)の期間に開催されるコミックマーケット(C89)に参加する予定かどうか聞いたところ、参加する予定であると答えた割合が最も高かった世代は20代男性で5.2%という結果になりました。また、1都3県に在住しているユーザーに限定すると、20代男性の7.7%が参加する予定であると答えています。

2015年冬のコミックマーケット(C89)に参加しますか?
2015年冬のコミックマーケット(C89)に参加しますか? (1都3県限定)
コミケで興味のあるジャンル、10代男性のトップは「艦これ」

最後に、今年の冬のコミックマーケット(C89)に参加する予定、もしくは、まだ決めていないと答えたユーザーに対して、コミックマーケットにおいて興味のあるジャンル・ブランドはどれかという質問を行いました(主要なものから16ジャンル・ブランドを抽出、複数回答可)。

まず、ランキングトップを見ていくと、10代男性では艦隊これくしょん、20代男性ではラブライブ、30歳以上の男性では進撃の巨人、10代女性はVOCALOID(ボーカロイド)、20〜30代女性は銀魂、40歳以上の女性では進撃の巨人がトップという結果になりました。

ジャンル・ブランドごとに傾向を見ていくと、VOCALOIDは40歳以上の女性で10位となっている以外は、すべての性別・世代でトップ5に入っており、性別・世代の偏りが少ないジャンルとなっています。これと同じ傾向にあるのは進撃の巨人であり、すべての世代でトップ6に入っています。一方、艦隊これくしょんや東方プロジェクトは男性の若年層に強く、刀剣乱舞は女性の若年層に強いといったような偏りが存在するジャンル・ブランドであると言えます。

世代別: コミックマーケットにおいて興味のあるジャンル・ブランドランキング

スマートフォンを使ったネットリサーチ、アンケート調査を驚きのスピードで

調査結果に関するお問い合わせ・調査のご依頼はこちら