今クールの人気作品は? 世代別好きな深夜アニメランキング(2016年秋)

2016年12月15日

スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,002人を対象に、10月以降に見たアニメや好きなアニメについてアンケートを実施し、世代別に集計してランキングを作成しました。

10〜30代で10月以降にアニメを見た割合は6割強

まず初めに、スマートアンサーのユーザーを対象にして、今年の10月以降にアニメを見たかどうかの質問を行いました。その結果、アニメを見たと答えたユーザーは男性側は世代に応じて45.6%〜54.6%、女性側は48.0%〜57.5%となりました。

今回の結果を2015年秋クールの調査結果や、2016年春クールの調査結果と比較すると、全体的に見たと答えた割合が多少低下していますが、傾向はほぼ同じとなっています。

今年の10月以降にアニメを見ましたか?
10月以降に見たアニメはどんな作品?

次に、10月以降にアニメを見たと答えたユーザーに対して、10月以降に見たアニメはどれかという質問を行い(複数回答可)、世代ごとにランキング化しました。ここで、選択肢として用意した49のアニメは深夜アニメをメインとして抽出しています。(49のタイトル一覧については結果のランキングをご確認ください)

まず、今回調査対象の49のアニメを見ていないと答えた割合について見ていくと、男性30代以上では38%、女性30代以上では57%超えています。これは、これらの世代が見ているアニメは「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」、「ワンピース」などのメジャーなアニメが主で、深夜アニメを見ている割合は少ないという傾向を表していると推測できます。以降のランキングでは、ここで今回調査対象のいずれかの作品を見たと答えた人を母集団として掲載していきます。

では、各世代のランキングトップから見ていくと、男性10代は「斉木楠雄のΨ難」、男性20代は「WWW.WORKING!!」男性30歳以上は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、女性10代は「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」、女性20代は「ユーリ!!! on ICE」、女性30代は「3月のライオン」、女性40歳以上は「夏目友人帳 伍」という結果になりました。今回の結果は、2016年春クールの調査結果などの過去調査と比較すると、性別・世代によるばらつきが大きく、群雄割拠な状況であると言えます。

上記のアニメ以外で、いずれかの世代でトップ5に入っている作品としては、「ジョジョの奇妙な冒険 第4部 -ダイヤモンドは砕けない-」、「月曜日のたわわ」、「 刀剣乱舞-花丸-」、「私がモテてどうすんだ」、「文豪ストレイドッグス」、「舟を編む」が挙げられます。

10月以降にアニメを見たと答えたユーザーのうち、今回調査対象のアニメを見ていないと答えたユーザー
世代別: 10月以降に見たアニメランキング
継続的に視聴されているアニメは?

続いて、今年の10月以降にアニメを見たと答えたユーザーに対して、現在も継続的に視聴しているアニメはどれかという質問を行いました(複数回答可)。ここで、このアンケートの回答期間は2016年12月8日〜10日となります。

結果を見ていくと、先ほどのランキングと比較して、トップが入れ替わっている作品としては10代男性で「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」、20〜30代男性で「ジョジョの奇妙な冒険 第4部 -ダイヤモンドは砕けない-」、20代女性で「夏目友人帳 伍」が挙げられます。

世代別: 継続的に視聴しているアニメランキング
今クールの人気作品は?

最後に、今年の10月以降に見たアニメの中で、好きなアニメはどれかという質問を行いました(複数回答可、最大3つまで)。ランキングを見ていきますと、トップは男性10代で「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」、男性20〜30代は「ジョジョの奇妙な冒険 第4部 -ダイヤモンドは砕けない-」、男性40歳以上は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、女性10代は「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」、女性20代は「ユーリ!!! on ICE」、女性30代は「3月のライオン」、女性40歳以上は「夏目友人帳 伍」となります。

以上のように、今クールではどの世代においても飛び抜けて人気の作品はなく、特に女性側では世代に全ての世代でトップが異なるという結果となりました。

世代別: 人気アニメランキング

スマートフォンを使ったネットリサーチ、アンケート調査を驚きのスピードで

調査結果に関するお問い合わせ・調査のご依頼はこちら